新築は長期優良住宅にするべきか?メリット・デメリットから学ぶポイントをまとめ

高齢者対策 将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。 どれほど将来を想定して設計されているか、ということも、住まいの重要なポイントです。

17

【ホームズ】長期優良住宅に認定されるメリットは? 9つの認定基準も解説

手続きが必要な場合 手続きの内容 認定された内容を変更して認定申請をする場合 計画変更認定申請書 認定申請の段階で購入者が未定であった分譲住宅で購入者が決定した場合 譲受人を決定した場合の計画変更認定申請 住宅の相続、売買等で認定を受けた地位を承継する場合 地位承継の承認申請 申請様式• 長期優良住宅に係る認定申請の受付け及び問い合わせ先 延べ面積が一万平方メートル以下の場合 板橋区役所都市整備部建築指導課審査グループ 電話 03-3579-2573 延べ面積が一万平方メートルを超える場合 東京都都市整備局住宅政策推進部民間住宅課 電話 03-5321-1111 担当部署 都市整備部建築指導課審査グループ 電話 03-3579-2573 窓口 本庁舎北館5階16番窓口. <長期優良住宅の認定を受けられたみなさまへ> 長期優良住宅は、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅として、認定を受けた計画に基づき建築及び維持保全(点検・修繕等)を行い、その状況に関する記録を作成・保存することが法律で定められています。 長期優良住宅を利用するデメリット ここまでさまざまなメリットを見てきましたが、長期優良住宅を利用する場合にはデメリットについても考えておきましょう。

住宅:長期優良住宅のページ

・建築コストがかかる 長期優良住宅の基準にあわせて質の良い住宅を造るので、建築コストがかかります。 維持管理・更新の容易性 構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。

19

長期優良住宅の解説とメリット・デメリット・注意点

申請費用の目安 まず、家を建てる県や市町村によって料金が異なりますが、長期優良住宅の許可申請には申請料(手数料)が必要です(行政に支払う料金)。

6

長期優良住宅とは?メリット・デメリットや申請方法を徹底解説!

・控除期間 13年間• 具体的にはフラット35Sの「金利Aプラン」で借入金利を当初10年間、年0. [木造] ・床下及び小屋裏の点検口を設置すること。 国としては、なるべく長期優良住宅の基準をクリアしている家を建てて欲しいので、認定取得すると税金が安くなるなどのメリットを設けています(5章で詳しく解説)。 [共同住宅及び長屋] ・将来の間取り変更に応じて、配管、非配線のために必要な躯体天井高を確保すること。

6

長期優良住宅の基準や条件は? 申請するとどんなメリットがあるの?

居住環境 良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。 申請の費用については、所管行政庁、登録住宅性能評価機関によってそれぞれ異なります。

長期優良住宅

いくらかかるかは建物の状態によりますが、何もしない家よりはランニングコストが高くなることは間違いありません。 認定のための申請を行う場合、覚えておきたいポイントをいくつかご紹介します。

5

岩手県

景観や騒音の問題が生じず、長期間にわたって快適に生活できる環境になければ、長期優良住宅には認定されません。 配置図• ちょっとくらいはクラックが入るかもしれませんが、構造には影響なく、補修すれば暮らせるような、強い住まいです。 周りの住環境を壊すような見た目になっていなければ大丈夫です。