ワンピースのドレークはスパイ? 海軍の部隊ソードの隊長がなぜ海賊になりワノ国でカイドウの元にいるのか考察|ワンピースネタバレ漫画考察

赤犬が元帥に昇格したのは「ドレークが新世界に突入した後」の話ですから、ソードがセンゴク元帥が結成した説が更に強まる。 黒ひげ・クザン• そこで自ら立ち上げたのが海軍本部機密特殊部隊「SWORD」なのではないでしょうか。

【ワンピース】ドレークの正体が海軍のスパイでソード隊長と確定【味方説】

ドレークの経歴とは? まずはドレークの経歴についてですが、海軍や海賊とは幼いころからかかわっている人物です。 ドル漫では恐竜(ディノサウルスorダイナソー)から「ディノディノ」「ダイナダイナ」といった悪魔の実の名前予想してましたが、まさかの恐竜の後ろ二文字から取るとは想像できませんでした。

10

ドレーク スパイ

何故かイメージ国はトルコ。 「SWORD」隊長X・ドレーク ドレークは任務でカイドウ狙ってた 595話 まあ、確かにドレークの行動は新世界に入ってすぐにカイドウのお気に入りの島に入ってスコッチの首を取ればカイドウが黙っていないと聞いて「だったら話が早い」と言ってました。 まずは、当分は戦うことがほぼ決まっている対戦。

17

ドレークはなぜカイドウの傘下に入った?革命軍のスパイとして潜入か|ワンピース.info

親子2代に渡って海軍出奔して海賊になったことと関係あるんだろうか。 頂上戦争時には、 「海軍もまた…変わらざるを得ない」と意味深に述べてましたが、その真意は今のところ不明。 そのためアロサウルスのドレークよりは強そう。

16

ローとドレークの関係は?同盟やスパイ説の真相!【ワンピース ネタバレ】

つまり黄猿は知らなかったので勘違いしてボコボコにしてしまった。 さらにカイドウの名を借りたに召集をかけられ、カイドウの息子であるの捜索を命じられた。

13

『ワンピース』海軍本部機密特殊部隊「SWORD」隊長X・ドレーク!

トラファルガー・D・ワーテル・ロー まずは、今回のワノ国編でも活躍している、最悪の世代の一人、トラファルガー・D・ワーテル・ロー。 海軍はワノ国に人員がさけないそうなので、これからドレークがどう動くのか楽しみですね。 そんなドレークはその後、海軍の少佐に上り詰めた後に、嫌っていた父と同じ海賊を志すということになりますが、少し妙な感じがしますよね。