直木賞-歴代受賞作|全作品一覧

2017年8月10日閲覧。

16

直木賞作家・志茂田景樹さんの猫カレンダーが今年も発売!辛い時も猫の写真と名言で癒やされるニャ

短篇ベストコレクション 現代の小説2003(2003年6月 徳間文庫)「ゲルマ」• 第127回 『生きる』• 【改題】哀しき偶然(2002年1月 小学館文庫)• 嫌なことが続いたら汚れたホースに水を通すことをイメージしよう。 殺人鬼の放課後 ミステリ・アンソロジー2(2002年1月 角川スニーカー文庫)「水晶の夜、翡翠の朝」• かがみのなか(2014年 )〈怪談えほん〉- 絵・樋口佳絵• ピクニックの準備(『』の、書き下ろし)• - 重松清が出演(解説)していたの朗読番組(2006年10月 - 2007年9月)• みんなのうた(2013年8月 角川文庫)• その1年後、出版社が見つけたライターが代わりに書いた原稿を水道橋博士が見て絶賛し、から『 たけしー・ドライバー』として出版され、重版を重ねるヒット作となった。

20

直木三十五

でも、実際に会社で働くようになっても、多くのことがルール化されていることを知って、自分の能力が活かされたこともありましたね。

12

直木賞作家・志茂田景樹さんの猫カレンダーが今年も発売!辛い時も猫の写真と名言で癒やされるニャ

『 』18年集英社刊。 その変貌の裏に何があったのか。

5

【前編】直木賞作家・朝井リョウに聞く。会社員と作家を兼業してみえた、自分らしいワークバランス。

第62回(1969年下半期) - 該当作品なし• 光の帝国(『小説すばる』1995年12月号)• 、『』でを受賞。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 偽りの愛(2001年11月 リブリオ出版)「じっとこのまま」• 小学6年生の時に読んだの『』は、年1回は読みたくなる作品。

8

【直木賞受賞作家!】葉室麟のおすすめ小説人気ランキング10選

第15回(上半期) - 該当作品なし• 青春夜明け前(2009年8月 講談社文庫)• 第60回(1968年下半期) - 「青玉獅子香炉」、『僑人の檻』 第61 - 70回 [ ]• 受賞したのはの『落ちる』(第40回)、『追いつめる』(第57回)、『元首の謀叛』(第84回)くらいで、、、、は4度、、、は3度候補となりながら受賞に至らず、、、、、ら推理作家として大成した作家も届かず、、、、、らも非ミステリー分野の作品で受賞していた。