【キナリ★マガジン更新】島田彩さんのnoteに嫉妬してしまった、アホなわたしの備忘録 — キナリ|作家・岸田奈美のWEBメディア

「ガードマン、するわ。

“父にヌード写真を撮ってもらった”noteが話題の島田彩に「深みのある人になりたい」と相談した(新R25)

写真が上手な友人も召喚。

17

島田 彩さんのプロフィールページ

photo by 島田彩 「父さんがもし死んだら、ここに入るん?」 「入るよ」 「私は?」 「それはわからんよ。 天野: はい。 カメラは動くんやろ?」 「もうな、持たれへんねん。

2

“父にヌード写真を撮ってもらった”noteが話題の島田彩に「深みのある人になりたい」と相談した(新R25)

『あ』とかでもいいから」 「はいはいわかった。 そのタイミングで、カメラマンにとって命と同じくらい大切な、目や耳に病を患ったこと。 私の母が、ここ数年「金継ぎ」にハマってるんですよ。

楽彩 (らくさい)

それがひとつの自信になって、写真っていいなって、思うようになったんだっけ。 でも正直なところ、私も何度か、父が死ぬ夢を見たことがある。 「なんで?いろんな人おるから複数形ちゃうの」と聞かれて、答えに困った。

17

レズビアンのママが男性と「家族」に。決めたのは3人の息子たちだった。

「なんでよ、気に入ってるねん。

島田 彩さんのプロフィールページ

これって「いろんなものさしを持っていれば人に優しくできる」ってことやなと思うんです。 「布施駅を過ぎた後が最高なのよ。 わたしは社会課題を解決するベンチャー企業に、しーちゃんは社会課題を解決するNPOに勤めていた。

16

車窓越しのファンレター|島田彩|文藝春秋digital

「どんな感じなん?」と中を見せてもらうと、全面コンクリートの壁や天井、上からは裸電球、真ん中にベッド。 そしてしーちゃんのnoteは、過去noteに投稿された記事の中で、いちばん多くのスキを集めた。

島田彩さんのnoteに嫉妬してしまった、アホなわたしの備忘録|岸田 奈美

笑 「爆睡しました」の間違いなのか。 たまに、力もあわせた。