アトランタホークス V/S オーランドマジック

これは取れなかった時に相手の速攻に対応できないリスクもあるのですが、渡辺選手は豊富な運動量でしっかり守備に戻っています。

19

ラプターズがTウルブスにホームで17年ぶりの黒星 渡辺は3試合連続で欠場― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

4シーズン目以降はチームに欠かせないプレーメイカーに成長を遂げている。 31日(同1日)のブルックリン・ネッツ戦は終盤の大逆転につながるスリーポイントシュートを決めました。 今以上のパフォーマンスで、多くのファンをいい意味で驚かせてくれるに違いない。

11

アトランタホークス V/S オーランドマジック

ローテーションの一角として頼りがいのある存在になってきたことを強く印象づけた。

18

NBA

モーゼス・マローン越え、そしてチーム新記録 フロリダ州オーランドでアメリカ現地時間2月2日に行われたオーランド・マジック対トロント・ラプターズの一戦は、NBA全体にとっても特別な一戦となった。 この調子を維持できれば…」と会見で渡邊の起用について明るい見通しを語っている。 今季これまでに延期された試合は以下の通り(日付は当初の開催予定日、注釈なしの試合はすべて新型コロナウイルスに対するリーグの安全衛生プロトコルによる延期)。

18

フレッド・バンブリート(ラプターズ)がNBAのドラフト外プレーヤー史上最高の54得点

さらに、周りがクリエートしてくれたスリーポイントシュートを確実に決めているのも大きいです。

1

ラプターズの起爆剤として活躍する渡邊雄太が日本バスケットボール界にもたらす影響

2月1日のマジック戦に勝利し、連敗をストップさせたラプターズ。 2月3日(現地時間2日)、が所属するトロント・ラプターズがオーランド・マジックと対戦した。 とても恐れ多く、誇らしいです。

5

現地2日に予定されていたピストンズ対ラプターズの試合が翌日に延期

この試合での渡邊は、第1Q残り2分18秒にテレンス・デイビスに代わってコートに登場。

2

NBA

「距離のあるショットも何の苦もなく入れてしまうような…」というのはラプターズのニック・ナースHC。 ラプターズにとっては、2月28日(同3月1日)に予定されていたされたのに続いて、2試合連続の延期となる。

9

【NBA】今日の対戦カード

新型コロナウイルスの感染から復帰して3戦目となったセンターのカールアンソニー・タウンズ(25)は大詰めで6反則退場となりながらも、20得点と11リバウンド、3ブロックショットをマーク。 オレアリー記者は、「渡邊はコートに立つたびにチームをスパークさせる存在となっている。

15