自衛隊の新拳銃「SFP9」の仕様について

56mm小銃と共有化はせずに、海外製小銃をライセンス製造する予定。 ここのメーカーの製品は西側諸国であればほぼ全ての国が納入しているとも過言じゃないくらいの実績があります。

15

自衛隊の新拳銃「SFP9」の仕様について

そこから出た意見、要望を製品にフィードバックしている。

SIG SAUER P320

アームズマガジンでは、20式小銃に集中して記事が作成されたが、ガンプロ8月号では同時に公開された9mm拳銃SFP9についてもレポートした。 その他、ロングスライドのLとサブコンパクトのSKもあるが、LとSKの可能性はないだろう。 現実にはSFP9は優れた品質を持った、王者グロックに負けない製品だ。

2

20式5.56mm小銃(HOWA5.56)|自衛隊の新小銃│ミリレポ|ミリタリー関係の総合メディア

トップレール上に装着されるバックアップアイアンサイト。 ディオン光学技研のMarch-F Compact 1x-8x24 Shortyのように見える。

4

20式5.56mm小銃

調達と配備 [ ] 先代の正式採用小銃であった89式小銃は陸上自衛隊に約14万5千丁配備されており、20式小銃についてもほぼ同等の約15万丁の調達が計画されている。

3

自衛隊の新拳銃「SFP9」とは

当初はパドルタイプだけだったが、その後、プッシュボタンタイプが加わった。 2015年、は試験用に各種外国製小銃を調達し、同時に豊和工業との間でも試験用小銃の納入契約を行った。

自衛隊 新拳銃候補にベレッタ APXがあったのはなぜか

56mm小銃」と 新拳銃の「9mm拳銃SFP9」の報道公開が行なわれた。 (英語) この項目は、・に関連した です。

8

自衛隊に配備された小火器は国産が主だが、今や特殊部隊や一部職種の隊員に限り、外国製の高性能銃器をも配備! そう書くとなんか国産が低性能みたい!

・令和2年度予算、新小銃は調達費9億円と初度費1億円、新拳銃は調達費2,000万円計上。

5