農林年金制度の完了について:農林水産省

年金の時効は5年なので、 請求手続きをした時点で時効になっていない過去5年分しか、遡ってもらえません。 改正:• 第十一条の三 附則第七条の二の表の上欄に掲げる者が、前条第三項の規定による退職共済年金の受給権を取得したとき(同条第一項の請求があつた当時、組合員でなく、かつ、障害状態にあるとき又はその者の組合員期間が四十四年以上であるときに限る。 (障害基礎年金の支給要件の特例) 第十八条 国民年金法第三十条の二第一項の規定による障害基礎年金と同一の支給事由に基づく移行農林共済年金のうち附則第十六条第一項の規定によりなおその効力を有するものとされた廃止前農林共済法(附則第二十五条第一項及び第二項、第二十九条第三項及び第四項、第三十二条第一項及び第二項並びに第六十二条から第六十四条までを除き、以下単に「廃止前農林共済法」という。

旧農林漁業団体職員共済組合から支給された退職一時金を返還した場合の確定申告について|国税庁

改正:• )に規定する廃止前農林共済法、旧農林共済法、廃止前昭和六十年農林共済改正法、旧制度農林共済法、昭和六十年国民年金等改正法、旧農林共済組合員期間又は旧農林共済組合をいう。 年金控除方式・・・ その年の年金要支給額から、退職一時金相当額に達するまでの金額を順次控除する(退職一時金相当額がその年の年金要支給額を超える場合は、年金の実支給額はない。 3 前二項に規定する年金である給付は、厚生年金保険の管掌者たる政府が支給する。

20

農林漁業団体職員共済組合法 昭和33年4月28日法律第99号

)の死亡について厚生年金保険法第五十九条第一項の規定を適用する場合においては、同項第一号中「であること」とあるのは、「であるか、又は障害等級の一級若しくは二級に該当する程度の障害の状態にあること」とする。

17

Q&A/手続き

障害厚生年金 [ ] 組合員が、次の1から3に該当したときに支給される報酬比例の年金である。 一 旧農林共済法附則第十三条第二項に規定する者(次号に掲げる者を除く。 ただし、「遺族厚生年金」の請求の際は、農林年金が発行する「農林共済組合員期間証明書(厚生年金裁定用)」が必要となりますので、「農林共済組合員期間証明書(厚年等裁定用)請求書」を農林年金あてに提出してください。

特例年金制度の完了について

10 移行農林共済年金のうち退職共済年金(平成十五年四月一日以後の継続厚生年金期間をその額の算定の基礎とするものに限る。

12

厚生年金保険制度及び農林漁業団体職員共済組合制度の統合を図るための農林漁業団体職員共済組合法等を廃止する等の法律案

)に達した当時(六十五歳(その者が繰上げ調整額が加算された退職共済年金の受給権者であるときは、特例支給開始年齢)に達した」と、「前条第三項」とあるのは「前条第三項(その者が繰上げ調整額が加算された退職共済年金の受給権者であるときは、附則第十一条の二第七項又は前条第三項)」と、「前条の規定にかかわらず、同条の規定により算定した額に加給年金額を加算した額とする」とあるのは「附則第十一条の二第四項、第六項及び第七項並びに前条第二項及び第三項の規定にかかわらず、これらの規定により算定した額に加給年金額を加算した額とし、六十五歳(その者が繰上げ調整額が加算された退職共済年金の受給権者であるときは、特例支給開始年齢)に達したとき又は組合員期間が二十年以上となるに至つたときから、当該退職共済年金の額を改定する」と、同条第三項中「その権利を取得した」とあるのは「六十五歳に達した」と、第三十八条の二第一項第一号及び第三十八条の三第一項中「第三十七条第一項第二号に掲げる額」とあるのは「第三十七条第一項第二号に掲げる額に係る附則第十一条の二第四項の規定による減額後の額」とする。

11

農林水産省共済組合

第三十二条 附則第十五条第二号に掲げる者が同条の規定によりなおその効力を有するものとされた廃止前農林共済法(第五項第二号を除き、この条において単に「廃止前農林共済法」という。

19

農林漁業団体職員共済組合法 昭和33年4月28日法律第99号

一 昭和六十年十月以後の旧農林共済組合員期間の各月の旧農林共済法による標準給与の月額に、附則別表第二の各号に掲げる受給権者の区分に応じてそれぞれ当該各号に定める率を乗じて得た額の合算額 二 昭和六十年九月以前の旧農林共済組合員期間の各月の旧農林共済法による標準給与の月額に、附則別表第三の上欄に掲げる受給権者の区分に応じてそれぞれ同表の下欄に定める率を乗じて得た額の合算額 2 附則第十六条第九項の規定は、前項の平均給与月額を算定する場合について準用する。

旧農林漁業団体職員共済組合から支給された退職一時金を返還した場合の確定申告について|国税庁

附則第十八条の二第三項中「平均標準給与月額」を「平均標準給与額」に改め、同項の表中「〇・五」を「〇・四」に、「一・〇」を「〇・八」に、「一・五」を「一・二」に、「二・〇」を「一・六」に、「二・五」を「二・〇」に、「三・〇」を「二・四」に改める。

18