ミランが“天敵”サッスオーロを乱打戦の末に下す! 本田はまたも出番なし(SOCCER DIGEST Web)

イブラヒモビッチを欠く中で3試合ぶりの勝利を手にした。

9

USサッスオーロ・カルチョ

キックオフからそのまま攻め込むと、チャルハノールのパスを受けたラファエル・レオンがゴール。

13

USサッスオーロ・カルチョ

ここ9年間セリエAで優勝し続けてきたのだから、当然のことだ。

12

首位ミラン、サッスオーロとの上位対決制して無敗維持! レオンはセリエA最速得点

恐らくはB・ディアスなのだが、このあたりも微妙だった。

17

イブラを欠くミラン、21歳新星獲得へサッスオーロと交渉継続。移籍金は32億円も…

() 2011• まず、両センターバックには強くプレスをかけず、ある程度ボールを保持させる。 2007-2008• イブラヒモビッチを欠く中で3試合ぶりの勝利を手にした。

1

ACミランの驚異的「6.7秒」。なぜ曲者を撃破できたのか。ピオーリ監督が用意した策とは?【分析コラム】

そしてケシエも出られず、トナーリも現時点で起用できるかどうかは不透明だ。 そのため、フェラーリが上がってきた際に、誰がマークに付くのか。

5