『ウルトラマン80 トレジャーBOX [完全限定版](円谷プロ 監修)』 販売ページ

猛は、スポーツをする人間の心が曲がっていれば、スポーツまで悪く言われると生徒たちに話き、その言葉は、侵略者の本性を現した男の心を揺り動かす。 その実績と危機意識を買われ、オオヤマキャップのスカウトで教師とUGM隊員を兼務することになる。 『ウルトラマンジード』に登場するザンドリアス [ ] 諸元 ザンドリアス 別名 だだっ子怪獣 身長 48m(男女とも) 体重 1万7千t(女の子)、1万9千t(男の子) 『』第10話「ココロヨメマス」に登場。

13

ウルトラマン80

ウルトラモード「激ファイト! ウルトラ400文キック ジャンプして敵の頭部目掛けて決めるキック。 最後は80のウルトラアイスポットを胴体に浴び、サクシウム光線を赤い首、青い首の順に受けて大爆発する。 基地自体が厚木付近に所在している設定であり、リアルな描写となっている。

5

ウルトラマン怪獣大決戦

変身方法 猛が正拳突きのように両拳を右・左の順に連続して突き出したあと、「エイティ!」と叫びつつ右手でブライトスティックを頭上に掲げて、スティックのボタンを押すとクリスタルバーが伸長・発光し、変身エネルギーが猛の身体を包み変身する。 の熱線を防いだほか、アブドラールスやの光線を防ぎ、直後にサクシウム光線で反撃した。

10

ウルトラマン80 (うるとらまんえいてぃ)とは【ピクシブ百科事典】

ゴリゴンUGM(設定のみ、本編未登場) 特殊装甲自動車で小型コンピューターや各種レーダーを装備する移動基地でもある。 都内某所にある高級マンションに、自宅と思われる秘密のプライベートルームを所有している。

ウルトラマン80

25話の劇中セリフにて言及。 80に猛の姿を重ね合わせ、猛を80だと信じ続けた。 城野が持ち帰った貝殻状の細胞から再生して活動を再開したその体内にはガスが充満しており、攻撃すると大爆発する恐れがあることから、UGMが攻撃を控えている間に一時は東京中のガスの供給が停止するほど暴れ回る。

17

ウルトラマン怪獣大決戦

の漫画版におけるメカギラスの登場エピソードはテレビ版の続編的な内容となっており、 メカギラス2号が登場。

5

ウルトラマン80 (うるとらまんえいてぃ)とは【ピクシブ百科事典】

MEMO:UGMの地底メカ・レッドスクーパーが、地底に消えた恐竜探査に出動。

6