ビーナス・ウィリアムズ

ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 (2003年)• (1981年)• 2019 計25週• 最終戦のでも決勝でを6—4, 6—3で破って3年ぶり3度目の優勝を遂げ、2012年シーズンをシングルスツアー7勝、通算58勝4敗、世界ランキング3位で終えた。 2008年8月17日 ハード 6—2, 6—0 優勝 13. (1988年)• 最も流通している黄金スペック 100平方インチ より、2平方インチ大きい分、余裕がある。

19

大坂なおみ、セリーナ圧倒!四大大会4勝目に王手「全力を尽くすことができた」/全豪テニス (1/2ページ)

(1987年)• 決勝でに勝利し3連覇8度目の優勝。 (2001年)• 決勝では、第11シードのに3-6, 3-6のストレートで敗れ準優勝となった。

6

全豪オープン 大坂なおみ セリーナ・ウィリアムズに勝ち決勝へ

2004年4月12日 クレー 2—6, 6—2, 6—1 優勝 31. 2012年 キャリアゴールデンスラム達成 [ ] では4回戦で敗退するなどシーズン序盤は早いラウンドでの敗退が目立ったが、クレーコートシーズンに入ると、と連勝し、でも優勝候補の最有力候補と見られていたが、1回戦でフルセットで敗れた。

12

セリーナ・ウィリアムズとアレクシス・オハニアンの愛の軌跡

大坂なおみ(左)の肩を抱いて祝福するセリーナ それから10年以上の時が経ち、23歳になった彼女は、憧れの人----セリーナ・ウイリアムズ(アメリカ)----と、全豪オープン準決勝で対峙する。

セリーナ・ウィリアムズ

では、準々決勝でに1ゲームも与えず完勝するなど、わずか16ゲームしか失わずに決勝へ進んだ。

19

アスリートにして投資家─セリーナ・ウィリアムズが教えるスケジュール管理術

なお、この年の4大大会の混合ダブルス部門は、ビーナスが()とのペアでとで勝利した後、セリーナは()とのペアでとを連続制覇と、ウイリアムズ姉妹が優勝を独占した年となった。 グランドスラム優勝19回は と並び歴代3位記録。 (2000年)• 同年の女子シングルスでは、決勝でに6-0, 6-1で完勝し、シングルスで初の金メダルを獲得した。

10

【1ポイント速報】大坂vsセリーナ

2年ぶりにトップ10選手から勝ち星を挙げ、続く準々決勝では、第1シードで世界ランク1位のと対戦。 2008 - 2010年、再び世界ランキング1位に [ ] において、セリーナとビーナスは5年ぶりに「4大大会の姉妹対決決勝」を復活させた。 「グランドスラム通算23度優勝。

8

【1ポイント速報】大坂vsセリーナ

その後試合に出場することなく、シングルス22勝3敗、ツアー2勝、ランキング12位でシーズンを終えた。 2015年10月3日 ハード 6-3, 3-0 途中棄権 優勝 48. 選手経歴 [ ] キャリア初期 [ ] 5人姉妹の4女として生まれる(異父姉妹である。

ビーナス・ウィリアムズ

(1993年)• を破り3年連続優勝となった。 は3回戦で敗退するものの、では、決勝を含め6試合中5試合がシードチームとの対戦だったが、いずれも勝利し、2012年大会以来6度目の優勝を飾った。