湖水が突然爆発!32年前、1800人近い死者を出した大自然の脅威

3 月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 本書からその一例を見てみよう。 この話題はこの先どこかにリンクするはずなのだ。

湖水が突然爆発!32年前、1800人近い死者を出した大自然の脅威

9 月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30• 1986年8月21日 アフリカのカメルーン共和国で全く新しい自然災害が起こった。 ルワンダ政府は、アメリカの企業とメタンから100MWの発電をするべく契約を結んだそうです。 1 ;border-color:rgba 164,193,215,. important;color: 444;padding:3px 6px;width:370px;height:48px;float:left;margin:6px 9px 0 9px;border:1px solid 666;box-shadow:inset 2px 2px 2px rgba 0,0,0,. このガス突出の原因は湖底に蓄積した、CO 2を主成分とする火山性ガスによる、いわゆる"湖水爆発"のためと考えられています。

湖水爆発の謎を解く カメルーン・ニオス湖に挑んだ20年

このページに関する意見・質問は,まで. 映画のように場面をタイミングよく転換しながら、ときにはモンタージュの技法も入れて、謎ときのための伏線も張って、大団円に導いていくことが必要だ。 さらに第八章では「地震の前兆と予知」「玉川毒水」「ニオス湖の悲劇」と続いていく。

8月21日 カメルーン・ニオス湖で湖水爆発(1986年)(ブルーバックス編集部)

原因には二酸化炭素(CO2)の自然蓄積によるものと著者は推定している。 第5章「ニオス湖の特異な化学組成と成層構造」 世界には様々な湖があり、その中の湖水の科学物質は異なっている。

15

193~200ページを立ち読みしたら間違いなくレジに持っていく――犠牲者1700人の「ニオス湖の悲劇」とは

昭和61年 1986年 8月22日 アフリカ中西部の国カメルーンのニオス湖で有毒ガスが噴出し、1700人以上が死亡した。

11

大河内直彦 『地球の履歴書』

調査にあたり、有毒ガス再噴出等により調査団に危険が及ぶことも心配された。

3

ニオス湖ガス噴出災害(1)

しかし、あの流麗だが平易な文章、俯瞰と凝視を織り交ぜた視点、そして品格のある科学読み物も読みたい。

9