かぼちゃの馬車事件の全て!運営元スマートデイズについても詳しく解説

記者の取材によれば、足立区内にはかぼちゃの馬車が少なくとも83棟存在し、さながら「かぼちゃ畑」の様相を呈する。 以上、ここまでかぼちゃの馬車とは、ということについて見てきました。 シェアハウスのオーナーは投資家ですが、サブリース契約を結ぶことで、スマートデイズがシェアハウスを借り上げることになります。

3

かぼちゃの馬車事件の全て!運営元スマートデイズについても詳しく解説

当然、不動産会社からすると売買を早く成立させた方が良いので、資金が潤沢にあったり、過去に取引事例があったりする方へ情報提供したいからです。 管理会社(シェアハウス管理)• 沿革 [ ] 8月、300万円で株式会社 スマートライフ設立。 だったらキレまわされていもしれない……ほっとした。

11

「かぼちゃの馬車事件」の全貌とは?スルガ銀行不正融資の手口まで徹底解説

キックバックは法的には何の問題もなく、各企業のコンプライアンスに委ねられています。

2

「かぼちゃの馬車事件」の全貌とは?スルガ銀行不正融資の手口まで徹底解説

かぼちゃの馬車には「希望する入居者には、就業支援を行う」という独自の特徴がありました。

12

「かぼちゃの馬車」事件から学ぶ【不動産投資の被害者にならないために】

家賃の減額請求権をフル活用 サブリース契約では契約書に「賃料の見直し」という項目があり、2年毎に見直しできる権利で契約を締結する場合がほとんどです。 (表向きだけでなく実際にその気があったのかもしれませんが…) しかし実際には、家賃が高く立地が悪いので空室率が高く(今年1月の空室率は一時66%)、入居者への職業斡旋ビジネスは月に数百万程度しか利益が出ていなかったと言われています。 多分私の階にいても嫌われもしれない。

13

かぼちゃの馬車・スルガ銀行の投資トラブルを徹底解説

サブリースとは、管理ではなく法律上は賃貸借契約 建物オーナーは貸主で、スマートデイズのような管理会社は借主という関係です。 ただしもう一階の住人仲は最悪だった。 廊下の隅に小さなキッチンが設置してあるだけです。

19