【エピック フラッシュ スター ドライバー キャロウェイ】HS41~42m/sの人にドンピシャ。ミスヒットに強く安定して飛ぶ。

各キャンペーンには「一定期間中の付与上限」があります。

16

[AD] このUT、飛びすぎでしょ!「エピック フラッシュ スター ユーティリティ」が揃える“飛ぶ・上がる・止まる”の三拍子

打ち出しから左に出るくらい捕まるヘッドでした。 2020年11月30日• 222yキャリーで、ドロー回転374rpmです。 衝撃の飛距離性能を誇るエピックフラッシュシリーズから約5か月遅れての登場です。

「エピックフラッシュ スター」と「エピックフラッシュ」ドライバーの試打&評価│楽しい GOLF LIFE

いずれもしっかりめのシャフトなので、エピックフラッシュスタードライバーと組み合わせれば上級者も満足できるスペックになります! エピックフラッシュスタードライバーの試打レポ・口コミ・感想 エピックフラッシュスタードライバーを試打してきたので、口コミ、感想を紹介します。

4

エピック フラッシュ スター ドライバー/ヘッドスピード別試打(1/4)|クラブ試打 三者三様|GDO ゴルフギア情報

シャフトスペックは、重量64g、トルク3. ・操作せずにやさしく飛ばしたい。 ちょうどいい塩梅です。

18

「エピックフラッシュ スター」と「エピックフラッシュ」ドライバーの試打&評価│楽しい GOLF LIFE

操作性よりも安定感を優先にするゴルファーにオススメしたい。 これまで打ったことがない手応えです。 【おすすめしたいゴルファー】 ・安定した飛距離が欲しい。

【2019ドライバー分析】キャロウェイの最新モデル「エピックフラッシュ」、AIが導き出した「飛ばしのフェース」。HS36、40、44m/sで試打検証

ですが、ゴルフというスポーツはボールを飛ばして、思い通りの場所にボールを運びながら、目的のカップを目指します。 メインコンテンツ• 【打感】 よく弾くが、柔らかい。

15

エピックフラッシュスターFW試打データ付き評価|無難な形状、無難なスペック

シャフトは純正の「スピーダーエボリューション for CW」で、西川がフレックスSR、筒と万振りマンはSを使用。 最近の投稿• 【2019ドライバー分析】キャロウェイの最新モデル「エピックフラッシュ」、AIが導き出した「飛ばしのフェース」。 EPIC FLASH SUB ZERO サブゼロドライバー• フェース中央を薄くすると反発係数(CT値)がルール上限を超えそうな感じがしますが、そこはAI。

スターとサブゼロ、どう違う? 「エピックフラッシュ」2モデルをプロ二人が打ち比べた【動画あり】

1発目は約4500rpmでしたが、これはご愛嬌・・・! 現在は『12. でも、そのわりにはスピン量は思ったほど多くはなかったですね。 試打データ ヘッドスピード 52. 試打の際にも調整して使ってみましたが、かなり効果を感じられました。 低重心化に貢献しているでしょう。

7

キャロウェイ エピック フラッシュ スター ドライバー 試打評価

Yahoo! 6 サイドスピン 441L バックスピン 1,169RPM 総スピン量 1,250RPM ミート率 1. ・ある程度スイングが安定している。 ボールを飛ばすのであれば、飛ばないよりは飛んだ方が良いはずです。

13