プラチナは金より高いのが当たり前?|第一商品

金よりも希少性が高く、価格変動の大きいプラチナ。 また、宝飾品だけでなく工業用途という需要もありますので、今後も価格は上昇する可能性があります。 ただ、ドイツは成長市場だとしてもそれよりも大きい市場が中国にあるため、そこまで影響は出ない可能性が高いと思います。

3

【貴金属への投資】「金かプラチナか…」筆者が投資対象として選ぶなら「金」の理由とは | マネーの達人

29 %」で後者が上回っていること、さらに実際にはプラチナの欧州の排ガス触媒向け消費が減っていないこと(2015年-2017年のデータ)を理由に「必ずしもディーゼル車減少=プラチナ消費減少とは言えない」と提言しています。 そのため、ディーゼル車の販売不振の影響も大きかったのです。 金の年間需要は世界全体で4000トンほどだが、プラチナは200トンほどと金の20分の1程度しかない。

10

意外と知らない金の本当の希少価値|コメ兵

現在の南アフリカの GDPは上昇しているため、今後相場が上がる可能性がある。

買い時!?売り時!?プラチナの今後の相場を大胆予想!

現物購入には、その都度購入する「スポット取引」と毎月コンスタントに一定額(一定量)を買い付ける「積立取引」があります。 最大のキーワードは「稀少性」です。

期待が集まるプラチナ投資。その魅力と相場の可能性とは?

。 逆に売りたい人、売るものがたくさんあっても買いたい人、欲しい人が少なければモノの値段は下がります。

金より希少価値の高いプラチナへの投資メリットとデメリット

逆に景気が冷え込み消費が抑えられるようになるとプラチナの需要が圧倒的に少なくなりますので、必然的にプラチナの相場が下がります。 金融商品・保険商品の販売・勧誘・斡旋は開業以来、一切行っておりません。

20

プラチナは金より価値が高い?プラチナと金の違いについて

では、なぜプラチナは工業・医療・化学用としての需要が高いのでしょうか。 また、宝飾品需要は76. 価格変動は大きいが今後も価値が無くなることはない プラチナ投資のメリットとして第一にあげられる点は、 金同様、価値がなくなる心配がない安全資産であることです。

【いまが買い時?】プラチナ投資の将来性について詳しく解説

これまでに資産として蓄えられ、認められてきた歴史。 だから、価格が下がったという論理です。 内燃機関を有する自動車の生産が行われれば行われるほど、パラジウムの消費量が増えるという構図になっています。

4