「おとつい」vs「おととい」

要は、どれも言葉としてはいっさくじつ、おととい、おとついで標準語として考えても構わないはずです。

9

「おととい」と言うか、「おとつい」と言うか

でも多分SMAPの吾郎さんは「おととい」と言うのではないだろうか? どうしてかっていうとね、「おととい」「おとつい」というのは方言じゃなくて、「おととい」は山の手言葉、「おとつい」は下町言葉って感じが多分にあるんじゃないかと思うんよ。

1

「おととい」と言うか、「おとつい」と言うか

いずれも9割を超えていて、なんと富山と岐阜では100%を達成した。 要は、どれも言葉としてはいっさくじつ、おととい、おとついで標準語として考えても構わないはずです。 おとついは方言とおもわれがちだが、昔はおとついが一般的だった。

20

おとついとおとといの違いとは?スッキリ解決!2つの違い

一昨日(おととい) 「おととい(一昨日)」を、「おとつい」と言ってしまう人はどれほどいるのか。 「新しいと真新しい」「イルミネーションと夜景」「金歯と銀歯」などなど、世の中にははっきりと説明できないよく似た言葉や物事が私たちが思っているよりもかなり多く存在しています。

18

「おとつい」vs「おととい」

やはり、 明治以降の「現代」においては、 「西=オトツイ」「東=オトトイ」 という 住み分けがなされ、 「標準語」としては「オトトイ」 となって来たのですね。

13

「おとつい」vs「おととい」

全国で 「ごく普通に使う」「たまに使う」をあわせた使う派の割合は半数以上の65%。 時代が流れるうちに、おとといが一般化された。

14

一昨日(おととい)

「おと(をと)」は、遠方を意味する古語「おち・をち(遠)」に由来し、「つ」は「の」を表す助詞、「い(ひ)」は「日」を表している。

19