ルーヴル美術館 レンブラントの自画像 レンブラントの生涯 レンブラント所縁の地への・・・行き方とは?

この作品は現在ではが所蔵しているが、1715年までは火縄銃手組合のホールにあった。 この自画像は、そのような絶頂期に制作されたものです。 の法律家で美術評論家のファン・ブヘルは、1628年の自著『絵画』の中でレンブラントが賞賛を受けていることを記している。

9

個人所蔵のレンブラント自画像、約20億円で落札 英ロンドン

私はこの手に釘付けになっていて、他の細部はよく覚えていない。 これは13,000もの費用を要し 、周囲からサスキアの財産を食いつぶしているのではと非難を受けた。 晩年の彼は娘コルネリアと雇った老女中と生活し、「パンとチーズと酢漬ニシンだけが一日の食事」と記されるほど質素な日々を送った。

光の魔術師レンブラントについて超解説!

「レンブラントは完全なる一貫性を常に持っていたわけではなく、論理的なオランダ人という性格を彼に当てはめるのは、こうあれという思い込みである」• 1631年アムステルダムに移り、代表作「テュルプ博士の解剖学講義」を制作し評判を得ます。 1656年 自己破産 1658年の自画像 52歳 自宅を競売に付される。 逆に、今回展示されているフェルメールの絵は、状態がよくないように感じました。

3

レンブラントとは

南城守『』ふくろう出版、2003年。 (英語) , 2009年9月19日• 孤独を噛み締めながら、それでも彼は笑みを浮かべました。

3

アムステルダムでレンブラント「夜警」と初期作品鑑賞+レンブラント広場

画家生活の生涯を通じ一貫してこだわってきたのが人物の表情と、それを強調する光と影だからである。 これはレンブラントの自画像36点を研究した結果で、彼は ()に難を抱えていたために脳が自動的に片目だけで多くの視覚的機能を果たすよう切り替わっていたという。

《ゼウクシスとしての自画像》レンブラント・ファン・レイン|MUSEY[ミュージー]

20代 《自画像》1628年頃 《笑うレンブラント》1628年 《自画像》1629年 《自画像》1629年頃 《自画像》1629年頃 《自画像》1629年 《自画像》1630年 《若い男としての自画像》1630-1631年 《オリエンタル衣装の自画像》1631年頃 《自画像》1632年 《自画像》1634年 《ベルベットのベレー帽の自画像》1634年 レンブラント・ファン・レイン《酒場のレンブラントとサスキア(放蕩息子)》1635年 30代 レンブラント・ファン・レイン《34歳の自画像》1640年 《フラットキャップの自画像》1642年 《帽子と2つのチェーンを身に着けている自画像》1642-1643年 40代 《自画像》1645-1648年 《大きな自画像》1652年 50代 《小さな自画像》1657年頃 《自画像》1658年 《自画像》1659年頃 《自画像》1660年 《使徒パウロとしての自画像》1661年 《自画像》1665年 60代 レンブラント・ファン・レイン《ゼウクシスとしての自画像》1668年頃 《自画像》1669年 《自画像》1669年. 全体の構成としては、 浅く広くという感じです。