タイトリスト TS1 ドライバー

弾道の高さを調整するものですから、高すぎる場合はより軽いウェイトにすると良いでしょう。 軽いヘッドだからこそ出来る長尺仕様、BBの後継と言われるXCをカスタムで注文して試すのも有りではないでしょうか。

17

タイトリスト TS1 ドライバーの試打レビュー 口コミ・評判 ギアスペック|ギアカタログ|GDO ゴルフギア情報

この2種類の調整機能は、910 D2、D3の両方のドライバーに搭載されています。 これがTS1についているウェイト。 今回購入したTS1はロフト9. また、ヘッド重量も軽くできているため、弾道は自然に上がりやすく、高弾道の球質になります。

1

TS1ドライバーの試打レビュー|タイトリスト2019新製品

2021年1月28日• まずは見た目から。

タイトリスト(Titleist)TS1ドライバー 口コミ評価・試打レビュー

5、先中調子。 ウェイト調整というと、スライダー式のものでドロー・フェードの調整ができるものがありますが、910のウェイト調整機能はドロー・フェードの切替はできません。

18

時代は変わった!? タイトリスト「TS1」に見る、超軽量が“みんなのスペック”になった理由

なかなかの好感触です。 シャフトは純正の「」と「ディアマナ 50」を用意。 ヘッドスピードが平均以下でもっとしなりを感じたいなら40g台の「Titleist AIR Speeder 」もある。

10

タイトリスト TS1ドライバーの試打&評価/「気持ちいい!」の一言│楽しい GOLF LIFE

3、自分は多少手元側にしなりを感じ中から先にかけてはややしっかり目が 安定するように思います。

6

タイトリストTS1ドライバー試打評価|高弾道、捕まり強めながらキャリー300y超え!

軽量化効果で早く振れています!! しかしスピン量を見てみると 3500くらい出ているので、ちょっと 球がふけ上がって飛距離ロスする数値かなと。 オリジナルカーボンが絶品で、やさしくぶっ飛びます。

4

タイトリスト「TS1」ドライバー

910シリーズは2種類のドライバーがある タイトリストの910シリーズのドライバーは、910 D2と913 D3の2種類あります。 TSシリーズはターゲットゴルファー層をツアープロから一般ゴルファーにシフトしてきたと言われていますが、軽量のTS1ドライバーの投入で、従来のタイトリストと全く違うクラブであることが改めて再認識されます。 ゴルフデビュー98年10月。

19

時代は変わった!? タイトリスト「TS1」に見る、超軽量が“みんなのスペック”になった理由

また、気づいた方もいると思いますが、シャフトによってヘッドスピードが違います。 ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル開設しました。 2021年1月29日• また、写真では分かりにくいですが、TS1の純正シャフトはどちらもつや消しです。

19