【呪術廻戦】86話のネタバレ【虎杖がバッタの呪いと対峙】|サブかる

常に仲間に気を配り、注意役も担当する。 その後真人は、激昂した虎杖と合流した七海との激戦の末、大ダメージを負ってその場を撤退する。 本物の夏油と同様に飄々とした掴み所が無く、常に不敵な笑みを浮かべているほか、大声で笑うことがある。

17

【呪術廻戦】65話のネタバレ【五条悟の過去編がスタート】|サブかる

渋谷事変編ではで漏瑚・脹相と共に五条と交戦するも敗死する。

5

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<102話>冥冥強すぎる…ニセ夏油の正体は?

渋谷事変では、パンダとともに渋谷入りし、居合わせた夏油一派の幹部2人ととともに漏瑚と宿儺の戦闘に巻き込まれる。

12

呪術廻戦 (じゅじゅつかいせん)とは【ピクシブ百科事典】

さらに事件後、東堂葵と冥冥の名のもとで、虎杖・伏黒・釘崎・真希・パンダの5人が1級術師に推薦される。 しかし、虎杖が飲み込んだ指の本数が増えるほど、確実に力と自由度を増してきている。 基本的に知性は低いが、人間と変わらぬ知性を持つものも存在する。

2

【呪術廻戦】感想ネタバレ考察<102話>冥冥強すぎる…ニセ夏油の正体は?

また、当初は戦闘を「目的達成のための手段」としかしておらず、感情的に楽しんでいなかったが、真人の指摘や虎杖・東堂との激戦を経て、楽しめるようになった。

13

呪術廻戦

同年12月22日のジャンプフェスタにてキービジュアルが公開。 弱者と遊ぶことを好む。

15