「英気を養う」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

つまり、「英気を養う」とは、「 すぐれた力を発揮できるように体力・気力・知力を作り上げる」という意味になります。 「鋭気を養う」の意味 「鋭気を養う」とは 「鋭気を養う」とは、 「英気を養う」の間違った使われ方を意味しています。 英気を養うということは、体を休めるだけではありません。

13

「英気を養う」の正しい意味と使い方を解説! 対義語や類義語も要チェック

com 「英気を養う」の正しい意味と使い方、類義語や対義語を説明してきましたが、いかがでしたか? ここまで読んでいただけた方は「英気を養う」という言葉について、しっかりと理解できたことと思います。 その真相について知りたい人や、気をやるの類語について知りたい人は、ぜひ次の記事も合わせて読んでみましょう。

「英気を養う」の正しい意味と使い方を解説! 対義語や類義語も要チェック

「方便」としても便利 ちょっと疲れが溜まってきたかなというときや、ここ一番という場面に備えて英気を養いたいとき、自分なりの方法を決めているという人も多いのではないでしょうか。 〇「休養する」を用いた例文 「体力の限界がきていると感じたので、しばらく休養をとることにした」 「このプロジェクトが終わったら休養すると決めている」 「これだけ仕事をしているのだから、少し休養したって誰も文句は言わないよ」 リフレッシュする 「リフレッシュする」とは、「 元気を回復すること」という意味です。

2

「英気を養う」の意味、使い方、例文、類語、英語!「鋭気」との違い、英気を養う方法

「英気を養う」の「英気」は、活き活きと働こうとする気力や元気のことなので「養う」ことができますが、「鋭気を養う」の「鋭気」は、鋭い気性や意気込みのことなので「養う」ことはできません。 しかし、この言葉の意味や使い方を正しく理解している自信はありますか?次の記事では、「これを機に」の使い方から例文、英語表現までが幅広く紹介されています。

7

「英気を養う」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

ですが、 「鋭気を養う」でも間違いという訳ではなく、そちらでも充分に通用する言葉となっており、正式な表現ではないものの、読み物などの文章中に記載しても問題ありません。 英気を養うとは心身を元気な状態にするという意味ですから、非常に近い表現となります。 携帯電話だって、充電しないと動かなくなってしまいますよね。

10

英気を養うの意味とは?使い方や例文!類語や英気を蓄える方法も

com 「英気を養う」と書いて「えいきをやしなう」と読みますが、「正しい意味を知っている?」と聞かれたとしたら、すぐに答えることはできますか? このページでは「英気を養う」の正しい意味と使い方、対義語や類義語について解説していきます。 ヒットポイントは宿屋に泊まることによって回復します(養われます)。 英気を養うの使い方や、どんな時や誰に使うかということはまた後で詳しく解説しているので、是非この後も読んでみてくださいね。

16

「鋭気(えいき)を養う」の意味は?「英気」との違いや例文も紹介

仕事のために英気を養っている場合の例文は以下のようになります。

18