法事のお布施の書き方|名前・金額・表書き・中袋・裏・薄墨などを解説

書く際は、 濃い墨の筆を使うようにしましょう。 香典は裏面に金額を書くのが一般的ですが、お布施は必ずしも金額を入れる必要はありません。

8

お布施の袋は何を使えばよいか詳しく解説します!|お布施・袋|DMMのお葬式

金額・住所は書く必要はない お布施の袋に書くべきとされている金額と住所ですが、必ずしも書かなければいけないと決まってはいません。 基本的には直接僧侶に手渡しするのがマナーですが、僧侶や遺族の都合で郵送する場合もあります。

20

お布施の書き方マナー☆金額を書く3つの注意点

・ 下部に名前を入れる場合、施主個人と言うよりは家からお渡しするので、名前を入れても 苗字のみ(「〇〇家」)の地域も多いです。

お布施の書き方マナー☆金額を書く3つの注意点

中袋の一般的な書き方は、表面に金額、裏面に住所・氏名・電話番号などを書きます。

お布施の裏書きの書き方|封筒・お札の入れ方、袋の選び方は?

お布施と一緒にお包せずに、単独のお包にすることを忘れないようにしましょう。

20

お布施袋の裏書きの書き方は?お布施のマナーを紹介!

まとめ ・僧侶へのお礼は、読経料や戒名料などを含めてすべて「お布施」としてお渡しする。

6