曲目解説:ブラームス/交響曲第4番

ティンパニの存在感はとても大きいです。 第1楽章の追い込みは素晴らしいです。

8

ブラームス 交響曲第4番 Op.98 | おすすめ!名盤レビュー

二楽章、この楽章でもかなり強めに吹かれたホルンの動機。 弦に絡む木管も克明です。 交響曲第二番の回想部分はゆっくりと一音一音刻み付けるような演奏でした。

17

ブラームス 交響曲第4番

第二主題も速めですが、とても豊かな歌で美しいです。 ベルリン・フィル----1949. 奇を衒うようなことは無く、正々堂々と正面から作品に向き合っている演奏です。 ]を演奏し期待を裏切る。

13

ブラームス「交響曲第4番」の解説とオススメ名盤

このことから、発表当初から晦渋さや技法が複雑すぎることなどが批判的に指摘されたが、現在では、古い様式に独創性とロマン性を盛り込んだ、円熟した作品としての評価がなされており、4曲の交響曲の中でも、ブラームスらしさという点では筆頭に挙げられる曲である。 オケは少し遠くにありますが、豊かな残響を伴って奥行き感のある美しい響きです。

13

ブラームス 交響曲第4番 Op.98 | おすすめ!名盤レビュー

対位法的に絡むパートも上手く表現されて美しい第二主題。 経過部-第10-11変奏• 録音も59年のステレオ初期のものですが、一部やや細い弦の響きがあるものの、潤いがあって全く古さ を感じさせないのは大したものです。

11

ブラームス「交響曲第4番」の解説とオススメ名盤

どこがどうと具体的に説明しようにも、細部まで完璧でノリの良い演奏だとしか言いようがありません。 やはり放送用録音だからか? なお、カップリングは1954年9月19日のベートーヴェン第1である。

交響曲第4番 アバド&ベルリン・フィル : ブラームス(1833

演奏は第一楽章から大変遅く、良く言えばゆったりとしています。 の友人たちもとまどったように、一見してわかる手法の古めかしさについては、「後向き」の態度ととる批判者もあったようです。

16

ブラームス「交響曲第4番」の解説とオススメ名盤

バロック時代技法など、工夫に富んだ交響曲 ブラームスは交響曲第4番で、これまでブラームスが蒐集 しゅうしゅう してきた古い楽譜の様式を交響曲に応用することになりました。 編成が小さいこともあってか、機敏な動きです。 後悔の念の混じったようなブラームス晩年の作品でありながら、そういう後ろ向きな波長 はまったく感じさせません。

19

交響曲第4番 (ブラームス)

実は最初にこの 曲の魅力を教えてくれたのはこの演奏でした。

10