日本医療薬学会の新制度。地域薬学ケア専門薬剤師とは!認定要件まとめ。

ステップ4:専門薬剤師認定取得のための薬物療法集中講義を受講する 7. 自身の役割を見つめなおし、地域包括ケアシステムの実現に力を発揮することが求められているのです。 〇がん領域に関する学会発表2回もしくはがん領域の論文1報(筆頭)• 在宅も同様に必須になり、これらの関連報告数を作業としてすぐにでもあなたの薬局は行わないといけない。 そして、研修施設(連携)として、実際に研修を受けいれる場合、研修者1人ごとに費用が発生することになります。

6

新設『地域薬学ケア専門薬剤師』とは?内容や資格取得方法について徹底解説【薬剤師の資格入門】|薬剤師求人・転職・派遣ならファルマスタッフ

その一方で、取得や更新を目指すための要件は厳しく、学会への参加や発表による単位の取得に加え、学会発表や論文、5年間の基幹施設での研修(更新要件)など、薬局業務が中心の薬局薬剤師にとってはハードルが高いという意見もみられます。 研修施設において、 がん領域の研修ガイドラインに従って地域薬学ケアに関する5年以上の研修歴を有すること(カンファレンスへの参加を含む) 6. 在宅医療に関する取り組みの実績も求められるので、今現在実績のない薬局は8月までに何としてでも実績を作りましょう。 その為各経営層、管理薬剤師等 はそこまで焦燥に駆られなくてよい。

14

新設される「地域薬学ケア専門薬剤師」認定の要件は?

日本医療薬学会とは? 一般社団法人日本医療薬学会は、薬の専門家である薬剤師が、他の医療関係者と連携しながら薬物療法を実践するために設立された組織です。 学会発表または論文掲載の研究業績 地域薬学ケア専門薬剤師(暫定)の過渡的措置 2020年〜2024年申請分までの過渡的措置が行われる予定です。

日本医療薬学会の新制度。地域薬学ケア専門薬剤師とは!認定要件まとめ。

ワザとじゃないかというくらいわかりにくいです。

13

地域連携薬局と専門医療機関連携薬局

二 「日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師」、「日本病院薬剤師会日病薬病院薬学認定薬 剤師」、「日本薬剤師会生涯学習支援システム(JPALS)クリニカルラダー5以上」、「その 他本学会が認めた認定制度による認定薬剤師」のいずれかの認定を受けていること。 認定要件のうち学会発表や論文は癌に焦点を当てた内容が求められるほか、がん専門薬剤師集中講義の受講が必要になる。 地域薬学ケア専門薬剤師の認定要件は、暫定的に緩和される予定である 今回の専門薬剤師制度創設の背景には薬機法の改正、専門医療機関連携薬局の認定開始が少なからず関係しているものと思います。

7

薬局機能認定制度、2021年8月より開始。地域連携薬局/専門医療機関連携薬局の認定に向けて、準備できていますか?

前回の記事からも抜粋して、2020年に新規認定申請を行う場合の要件を確認してみたいと思います。