緊急事態宣言、政府内で延長論強まる 栃木、愛知、岐阜は解除も視野

酒類提供は 時間的余裕をもって ストップ テレワークの徹底• 便利ツール• このため、政府は7日が期限の宣言を1カ月程度、延長する見通しだ。

7

緊急事態宣言の再発令に伴う経産省の支援措置について (METI/経済産業省)

緊急事態宣言の解除要請について説明する愛知県の大村秀章知事=県庁で2021年2月22日午後4時9分、酒井志帆撮影 愛知県の大村秀章知事は22日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の月末解除に向け、政府に要請したことを明らかにし、岐阜県と協議を始めた。 一方で、感染拡大が落ち着きつつある栃木県などでは、解除も視野に検討している。

19

「緊急事態宣言」の解除に伴う愛知県の「厳重警戒宣言」及び「愛知県厳重警戒措置」の発出について

政府は3月5日にも新型コロナ対策本部を開き、7日で解除できるかを判断する。 緊急事態宣言を踏まえた雇用対策について(新型コロナウイルス感染症対策本部の公表資料からキャプチャ) 政府は「雇用調整助成金」(特例措置)などの現行措置について、全国で緊急事態宣言が解除された月の翌月末まで延長すると発表していた。 症状が回復した後も何らかの疾患で入院を継続する患者に対する「後方病床」など踏み込んだ対応も検討したい。

7

新型コロナ 愛知・岐阜も緊急事態宣言延長へ、2日に決定(中京テレビNEWS)

新規陽性者が2桁となるのは1月25日の89人以来、1週間ぶり。

県民・事業者の皆様へのメッセージ(緊急事態宣言等)

なお、本県の様々な相談窓口は、次の「あいち相談窓口ナビ」から検索できます。 <主な緩和内容> ・イベント開催に関する人数の上限について、イベント主催者及び施設管理者の双方が、業種別ガイドラインに則った感染防止対策を実施し、その取組が公表されている場合、「5,000人又は収容定員の50%のいずれか大きい方」を上限とする。

2

ホーム

【学校等については、次のとおりとなります。 〇 また、60歳以上の新規感染者数の割合が3割を超えており、重症者数の減少は時間を要することが考えられ、医療提供体制への影響はまだ解消されておりません。

3

緊急事態宣言約1カ月延長へ 国の方針に愛知“対応準備進めている” 三重“自粛への理解求め続ける”

愛知では、1日当たりの新規感染者数が1月7日の431人をピークに減少、2月に入って2桁の日が続く。 政府は、人との接触を最低7割、極力8割減らすよう求めていますが、大型連休初日の29日の東海地方の人出はどうだったのでしょうか。 市民の皆さまにおかれましても、緊急事態措置の実施に格段のご協力をいただくとともに、家庭内や学校・職場内における基本的な感染予防である 「3密回避、手洗い、マスクの着用」の実施に加え、 「新しい生活様式」の徹底や 感染リスクが高まる「5つの場面」にご注意いただくなど、感染拡大の防止に全力をあげていただくようお願いします。

6

愛知県知事 緊急事態宣言の解除を要請 期限前倒しして28日まで

これらの対策の実効性を高めるため、住民の皆様には、日中も含めた不要不急の外出や移動について、感染拡大予防のため、自粛を要請します。 〇 高齢者施設でのクラスターが多発しているため、高齢者施設の従事者等の方への検査について、集中的実施計画を策定し、3月までを目途に実施するとともに、その後も感染状況に応じ定期的に検査を実施します。 頑張って予算をかき集めて乗り切りたい。

18